キャッシングの審査について

初めてキャッシングを利用するとき、必ず審査がありますが、何をどう審査しているのか気になりますよね??

そこで、この世界が全く初めてという方のために、審査の裏側を大まかにご紹介します。

キャッシングの審査の内容とは

キャッシングを利用しようとするには、当然のごとく、個人情報の入力と審査があります。

家や車を買うとき、何かに申し込むときなどにも記入や入力というかたちで審査の書類を提出することがほとんどですよね。

キャッシングの審査で入力する項目としては、氏名・年齢・住所・仕事内容・年収・家族構成・住居・他社利用状況などがあります。

金融会社は、あなたから提供されるこれらの情報をコンピュータでチェックし、情報の信憑性、過去の借入の有無や返済状況などを審査、お金を貸しても大丈夫かどうか、また、いくらまで貸しても大丈夫かどうかなどを、これまでの膨大なデータと照らし合わせながら瞬時に判断・審査します。

特に他社のキャッシング利用状況は、現在・過去に借入していれば、問題なく返済したか、しているかどうかを重要視します。

希望額、あるいは融資する額に対して、返済能力があるかどうか確認したら、最終的には、担当者から電話やEメールで審査のために本人確認を行います。

キャッシングの審査に有利なものは?

キャッシングの審査に有利な状態は、年齢は20代~30代、家は持ち家、勤務先は大手、勤務年数は長い、過去に遅滞なく返済実績がある、などです。

例えば、30代後半で、勤務先に知名度があって勤務年数が長ければ、21歳の勤務年数が数ヶ月の人より、審査が通りやすく、高額融資してもらい易いのは明らかです。

キャッシングの審査が通らない場合

キャッシングの審査が通らない場合、次のような理由が考えられます。

  • 数ヶ月以上、収入がない。
  • 「ブラックリスト」に掲載されている。
  • コンピュータによる、審査のための信用情報が照会できない。

まず、数ヶ月以上収入がない場合は、返済能力がないとみなされ、キャッシングで借入れが困難な状態です。

ただし、ご家族の方に一定の収入がある場合、キャッシングで借入れ可能になることもあります。

次に「ブラックリスト」に掲載されている場合。

返済を3ヶ月以上延滞すると、「滞納する人」といったような情報が付けられます。

大手のキャッシング会社は信用情報を共有していますので、ほとんどの金融会社では、返済能力がないとみなされ、信用してもらえません。

完済後5年経たないと情報は消えませんので、思い当たる方は、リストに掲載されている場合があります。

※この「リスト」情報から消します、というヤミ金もあるようなので注意が必要です。

そして、審査のための信用情報が照会できない場合。

これは、例えば嘘の個人情報などを提出した場合、当然、コンピュータにはその人物の情報がありませんので、信用できるかどうかの判断をすることができません。

このような場合には当然、キャッシングの審査段階でNGとなります。

安心の大手キャッシング

\お申込みはもちろんスマホでOK!/


アコム


SMBCモビット


プロミス


アイフル

最後の砦?!専業主婦もOK

\お申込みはもちろんスマホでOK!/


ベルーナノーティス

全国のムジン契約機と店舗窓口

アコムなら、最短30分で審査回答
(クリック!)
↓↓↓

アコム株式会社
借入可能か3項目3秒診断でスグわかる
(クリック!)
↓↓↓

プロミス
10秒で簡易審査結果表示
(クリック!)
↓↓↓

SMBCモビット
アナタはアイフルで借りられる?
(クリック!)
↓↓↓

アイフル申込み
お申込み後、最短15秒で審査結果を表示
(クリック!)
↓↓↓

休止中
Webで最短60分融資も可能!


はじめての方なら最大30日間金利0円、詳細はクリック


30日間無利息 クリック
※詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください


「WEB完結申込」なら電話連絡なし・郵送物なしクリック


ご融資可能か即診断(一秒診断)クリック

休止中

180日間or30日間無利息ローンの詳細は…クリック