キャッシングのちょっとした疑問をまとめて解決!

初めてキャッシングやカードローンを利用する立場になったとき、様々な疑問が頭をよぎると思います。

初期段階でみんなが抱きがちなささいな疑問を集めてみました。

ひととおり目を通せば大まかな理解は得られると思いますので参考にどうぞ。

消費者金融、銀行、クレジットカードなどはどう違うの?

比較ポイントについて

金融機関 主な特徴 銀行 実質年率8~18%程度と低いが、融資限度額はさほど大きくない。年収や勤続年数などの審査基準は他より厳しい。 銀行系 消費者金融 実質年率15~18%程度。融資限度額が大きい。全国の都市銀行のATMも利用できる。 クレジットカード 実質年率15~28.8%程度。利用できるATM、CDの台数も多い。消費者金融に比べると審査基準が厳しく、手続きも面倒。 消費者金融 実質年率15~29.2%程度。他に比べて審査基準も緩く、手続きも簡易。ほとんどのところで即日融資が可能。

消費者金融って?

消費者金融とは、基本的に無担保で、本人確認と信用情報に応じて、スピーディな融資を行なう金融機関です。利息は日割り計算ですので、借りてから返済までの利用期間が短ければ、利息も少なくてすみます。信販などのように、返済期日と期間が最初に決められ、すぐに返したくても出来ないといった ことはありません。

キャッシングとは何ですか?

キャッシングとは、金融機関からお金を借りること。直接口座に振り込んでもらったり、キャッシングカー ドを使ってATMやキャッシュディスペンサーから現金を引き出す方法で利用します。銀行、信販会社、ク レジットカード会社、消費者金融などさまざまな業者が個人向けのキャッシング事業を行っており、多く の人が利用しています。

オンラインキャッシングって?

オンラインキャッシングとは、通常店頭で行うキャッシングの申し込みなどの手続きをインターネットを上 で行うことです。オンラインキャッシングのメリットは、誰とも顔を合わせることなくスピーディーな手続き ができることにあります。審査自体は、店頭での場合と同じです。

インターネットで申込みをすると個人情報漏洩が気になります

当サイトでご紹介している会社は全て高度暗号化技術(SSL)を駆使し、個人情報の保護に尽力して います。100%とは言い切れませんが、個人情報漏洩の確立は極めて低いと言えます。

審査とは何ですか?

お申込者に融資可能かどうか金融機関が判断する事です。先ずはお申込者の本人確認、次にお勤め 先の在籍確認、また個人信用情報機関といわれるところから情報を照会し、過去に滞納や延滞がない か等を調べ、融資が可能かどうか総合的に判断します。

審査に必要なものはありますか?

お申込者がご本人様であるかどうかがわかる書類が必要です。運転免許証や健康保険証などのコピ ーを用います。お申込先の会社によっては給与明細や納税証明などが必要な場合もあります。

保証人は必要ですか?

原則不要です。消費者金融やキャッシングでは原則ご本人様の信用のみで融資を行っています。例外を除いて、連帯保証人などは一切必要ありません。

アルバイトやパートなどでも申込めますか?

各社の条件により若干変わります。アルバイトやパートの方を対象に貸付を行う専門の会社、または 推奨している会社も多数ありますのでご確認下さい。

申し込むとき何が必要?

契約書類を郵送するときに運転免許証、健康保険証、パスポートのコピーなど本人確認できる書類のコピーが必要となります。利用額や信用情報に応じて、源泉徴収票や給与明細書、納税証明書など所得を証明する書類の提出が必要な場合もあります。

申込みをすると家族や知人会社に知られますか?

ご本人様からお話をしない限り、知られるような事はまずありません。電話での連絡や会社への在籍確認など、全て個人名にて連絡されますのでご安心下さい。

申し込むとき何が必要?

契約書類を郵送するときに運転免許証、健康保険証、パスポートのコピーなど本人確認できる書類のコピーが必要となります。利用額や信用情報に応じて、源泉徴収票や給与明細書、納税証明書など所得を証明する書類の提出が必要な場合もあります。

いくらまで借りることができますか?

金融機関の査定基準、申込人の収入や借り入れ状態などによって異なりますが、通常は50万円前後、または年収の10%以内が目安となります。

消費者金融の金利はどのくらいですか?

消費者金融によって設定金利は異なりますが、利息の上限は29.20%と定められています。29.20%以上の利息で貸付を行えば法律違反となり、罰則が科せられます。

金利はどう?

キャッシングの利息の上限は法律(貸金業規制法)で29.20%と決められています。一般的には、銀行系は金利の設定が低くなっています。最近ではいわゆるIT系の金利も安いようです。

金利が安くなる場合はありますか?

キャンペーン金利などで安くできる場合があります。また、過去の返済状況が良好ならば、金利を安くしてくれる金融機関もあります。

保証人は必要?

原則的には保証人の必要はありません。

どのような返済方法がありますか?

返済方法は金融機関によって異なりますが、金融機関の窓口、無人契約機からの振込、銀行自動引落や口座振込、コンビニ払い、ATM・CDを利用するなどの方法があります。

元利定額リボルビングとは何ですか?

利用回数や金額に関わらず、契約時に決めた金額を毎月返済していく方法です。例えば、あらかじめ定めた金額が1万円であった場合、残高がいくらであっても毎月の返済金額は1万円になります。

残高スライドリボルビング払いとは何ですか?

借入金の残高に応じて、月々の返済金額を決める返済方法です。例えば、残高が50万円未満の場合は月1万円、50~100万円の場合は月2万円など、残高の水準に応じた金額を毎月返済していきます。

いくらまで借りられますか?

審査結果から決定されます。通常、初回限度額は50万円までの会社が多いようです。各社が表示している最高限度額はあくまでも最高の場合です。

複数の会社から借入れをしていても申込めますか?

お申込は可能ですが、若干審査が厳しくなる可能性はあります。そのような場合は審査の甘い会社を選ぶことをオススメしています。

支払が遅れたり返済できない場合には、脅迫や取立てを受けますか?

テレビドラマなどでよく流されている取り立てのシーンですが、あのような取立てはごく一部の悪徳業者によって行われているものです。CMなどで目にするほとんどの金融会社ではしっかりと法律を守って営業しておりますのでご安心下さい。特に当サイトでご紹介している会社は優良な大手ばかりです。

すぐにお金が必要なんですが、どの位で借りれますか?

近頃は、スピード審査を売りにしている会社が豊富にあります。1秒審査や最短20分振込みなどの超速キャッシングも多数あります。当サイトにも複数掲載しておりますので是非ご覧ください。

お試し診断とは何ですか?

大まかな審査結果を知ることができるサービスです。個人情報(個人名、住所)などの入力も必要ありません。融資を受けることができるかどうかや、限度額などが大まかに診断されます。しかし、本当の審査ではありませんので、参考程度になさってください。

安心の大手キャッシング

\お申込みはもちろんスマホでOK!/


アコム


SMBCモビット


プロミス


アイフル

最後の砦?!専業主婦もOK

\お申込みはもちろんスマホでOK!/


ベルーナノーティス

全国のムジン契約機と店舗窓口

アコムなら、最短30分で審査回答
(クリック!)
↓↓↓

アコム株式会社
借入可能か3項目3秒診断でスグわかる
(クリック!)
↓↓↓

プロミス
10秒で簡易審査結果表示
(クリック!)
↓↓↓

SMBCモビット
アナタはアイフルで借りられる?
(クリック!)
↓↓↓

アイフル申込み
お申込み後、最短15秒で審査結果を表示
(クリック!)
↓↓↓

休止中
Webで最短60分融資も可能!


はじめての方なら最大30日間金利0円、詳細はクリック


30日間無利息 クリック
※詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください


「WEB完結申込」なら電話連絡なし・郵送物なしクリック


ご融資可能か即診断(一秒診断)クリック

休止中

180日間or30日間無利息ローンの詳細は…クリック