利息制限法と出資法

貸金業者の金利を規制する法律としては、わが国では利息制限法と出資法の2つの法律があります。この法律について、簡単に理解しておきましょう。

出資法:刑罰が科される金利を定める法律

出資法は、1954年に制定された法律で、当初出資法に定められた上限金利は、年109.5%でした。その後。段階的に引き下げられ、2000年6月からは上限金利29.2%となっています。

よって、現在では、金融業者が年29.2%を超える金利で貸付をすると出資法違反となり、刑罰が科されることとなります。

利息制限法:民事的効力の限界となる金利を定める法律

利息制限法では、元本の金額によって制限金利を設け、それを超える部分の利息を無効としています。通常、消費者金融の貸付限度額である50万円を考慮すると、元本10万円以上100万円未満の場合に該当し、制限金利18%となります。

ですが、利息制限法に違反しても刑罰は科されません。

グレーゾーン金利:利息制限法と出資法の間

このため、消費者金融やクレジットカードのキャッシングの金利の大半は、利息制限法の制限金利を超えて、出資法の上限金利以下の「グレーゾーン金利」となっています。

グレーゾーン金利は、民事上は無効ですが、刑罰は受けない範囲の金利ということです。銀行系金融会社などは、利息制限法の制限金利を意識して金利設定しているようです。

安心の大手キャッシング

\お申込みはもちろんスマホでOK!/


アコム


SMBCモビット


プロミス


アイフル

最後の砦?!専業主婦もOK

\お申込みはもちろんスマホでOK!/


ベルーナノーティス

全国のムジン契約機と店舗窓口

アコムなら、最短30分で審査回答
(クリック!)
↓↓↓

アコム株式会社
借入可能か3項目3秒診断でスグわかる
(クリック!)
↓↓↓

プロミス
10秒で簡易審査結果表示
(クリック!)
↓↓↓

SMBCモビット
アナタはアイフルで借りられる?
(クリック!)
↓↓↓

アイフル申込み
お申込み後、最短15秒で審査結果を表示
(クリック!)
↓↓↓

休止中
Webで最短60分融資も可能!


はじめての方なら最大30日間金利0円、詳細はクリック


30日間無利息 クリック
※詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください


「WEB完結申込」なら電話連絡なし・郵送物なしクリック


ご融資可能か即診断(一秒診断)クリック

休止中

180日間or30日間無利息ローンの詳細は…クリック